被爆者の肖像写真で展示会を企画 英作家プロジェクト「8万人の声」

<「戦争の痛みや恐怖を認識して」被爆者の肖像写真で展示会を企画 英作家プロジェクト「8万人の声」 来年3月から東京・パリ・ロンドンなどで開催へ(RCC中国放送) – Yahoo!ニュース>

被爆80年プロジェクトとして展示会を準備しているイギリス人の作家が、被爆者たちに肖像写真を贈呈しました。

ジーナ・ラングトンさんは2025年の被爆80年に向けて「8万人の声」と題したプロジェクトを企画。写真家のパトリック・ボイドさんと共に、ことし5月、広島の被爆者およそ30人の肖像写真を撮影しました。

撮影には「レンチキュラー・ホログラム」という技法が使われていて、立体感を感じることができます。写真は来年3月の東京を皮切りに、パリやロンドンなど世界各地で展示される予定です。それに先だって、9日、撮影に協力した被爆者たちに縮小版が贈呈されました。

被爆者
「全国あちこち駆けずり回って、写真を撮られてるのを聞きましてね、本当に素晴らしいことだなと思います」

被爆者
「自分の写真をこんなにアップして撮ることはないので、いい思い出になります」

被爆80年プロジェクト「8万人の声」 ジーナ・ラングトンさん
「来年、日本からスタートする展示会が成功するよう願っています。戦争がもたらす痛みや恐怖を認識しないで、戦争を続けてはいけません」

肖像写真の撮影には長崎の被爆者22人も協力していて、広島・長崎でも展示会の開催を検討しています。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください